【期間限定】Amazonプライムで『シン・エヴァ劇場版』見放題配信中!

パワーグリップは背中トレに効果抜群【おすすめ商品も】

筋トレ関連

 

パワーグリップってどんな効果があるの?

どんなときにどうやって使えばいい?

おすすめのパワーグリップってあるの?

  

こんな疑問に応えます。

パワーグリップはトレーニング効果を大きく高めてくれるおすすめのアイテムです!

   

スポンサーリンク

パワーグリップの効果と使い方【背中トレにおすすめ】

 

①パワーグリップは握力を補助と掌の保護に効果的

 

パワーグリップを使用する主な目的は2つです。

 

【パワーグリップの効果】

握力の補助
掌の保護

 

重いダンベルやバーベルを持つときに、本来狙いたい筋肉より先に前腕や指が先に疲労してしまうことがあります。

 

パワーグリップをバーに巻き込んで使うことにより、握力の疲労を抑え、ターゲットの筋肉を最後まで追い込むことが出来るようになります。

  

中でも懸垂やデッドリフト、ダンベルローイングなど、引く(プル)系の種目に非常に効果的です。

掌を保護する効果もあるので、マメ出来たり、皮が剥けるなどの症状を軽減出来、あまり高重量を扱わないという女性にもオススメです。

 

一応デメリットもあります。

握力を補助する効果があるので、握力増強が目的の場合は効果が半減します。

またブロック系のダンベルだと手首が入らなかったり、ベロを巻き付けにくかったりする場合もあるので、注意が必要です。
(これはパワーグリップというよりダンベル側の問題ですが)

 

★使い方動画 

   

【使い方】
1:左右を確認して手首に装着
2:ダンベルや懸垂などのバーに外側から巻き付け握りこむだけ

  

②パワーグリップのおすすめはラバー製で強度の強い物

 

選ぶときのポイントは以下です

【購入時のポイント】

ラバー製が無難でおすすめ
重量を扱うなら安物よりもしっかりしたものを

 

パワーグリップは必ずラバー製かレザー製で、強度の強いものを買いましょう。

 

あまり高重量を扱わないのであればいいですが、パワーグリップにある程度重量を預ける形になるので、素材に不安感のあるものは少し怖いです。

ナイロン(ネオプレン)製のものは掌の保護が目的ならいいですが、ダンベルトレーニングや懸垂を行うなら強度が必要です。

ラバーとナイロンだとグリップ力が段違いです。

特に、今後高重量を持ち上げる可能性があるなら、出来るだけしっかりしたものを買いましょう。

他に鉄製というものもありますが、バーの形状によって使えなかったり滑るので、こちらも除外します。

 

ラバーとレザーだと、どちらも強度は充分ですがラバーの方がグリップ力が高いです。

レザーは見た目に高級感があり、使うほど手になじむのでこちらを好む人も多いですが、
高重量になったとき滑りやすいという口コミがたまに見られ、革製品なので長く使うには多少手入れが要ります。

なので、

  

初めて買う場合はラバー製で強度の強いものを選ぶのがおすすめです。

  

またサイズは手首の太さに合わせて選びましょう。
ある程度サイズ調整できるので大体でも大丈夫です。

ベロ(掌に巻き込む部分)の長さは下記のオススメ商品であれば、「短すぎて巻き付けられない」みたいなことは無いはずなので、そこまで気にする必要はないです。

   

パワーグリップで効果的に鍛えよう【おすすめ定番5選】

  

パワーグリップのおすすめ①:ゴールドジム G3710 プロタイプ

 

 

普通のものとプロタイプがありますが、プロタイプが強靭で圧倒的におすすめです。
値段も2500円程しか変わらないのでプロタイプを選びましょう。

ジムで一番見かけるパワーグリップで、少し値段は張りますが、とりあえずこれを買っておけば失敗はありません。

 

価格¥9,680前後から
素材ラバー製
ベロの長さ11.5cm
手首の太さ目安S:約16cm
M:約18cm
L:約21cm

 

 

  

パワーグリップのおすすめ②:Versa Gripps パワーグリップ PRO

  

 

 

クラシックとPROがありますがPROのほうが頑丈でグリップ力も上なのでPROを選びましょう。

アメリカのメーカーで、世界でも有名なパワーグリップです。
ゴールドジムのパワーグリップも作っているVersa社製で、ロゴが違うだけでほぼ同じ製品です。

カラー豊富でゴールドジムのものより少しだけ安いのでこちらを使う人も多いおすすめ定番商品

  

価格\8,000前後から
素材ラバー製
ベロの長さ11.5cm
手首の太さ目安XS:約12~15cm
SM:約15~17cm
R/L:約18~20cm
XL:約20cm~22cm

 

 

  

パワーグリップのおすすめ③:Cobra Grips(コブラグリップス)

  

 

  

ラバータイプとレザータイプがあり、ラバーのカラーも選べるデザインにインパクトがあるのが特徴です。
もちろん耐久性にも申し分なく、レザータイプも人気の商品です。

プロとフィットがありますが、こちらは強度ではなくサイズの違いでプロが男性用、フィットが女性用のサイズです。

 

 

価格ラバータイプ:¥5,000前後
レザータイプ:¥6,000前後
素材ラバー製/レザー製
ベロの長さ9.4cm
手首の太さ目安プロ(男性用):約14~22cm
フィット(女性用):約11~17.5cm

 

 

  

パワーグリップのおすすめ④:king2ring パワーグリップ pk650 pro

 

  

  

非常にコスパに優れたパワーグリップで、100kg以上のデッドリフトでも十分対応可能。
低価格帯のパワーグリップならこれがおすすめ
こちらもレザー製品もありますが、ラバーで良いと思います。

 

価格\2,980前後
素材ラバー製
ベロの長さS:約16cm
M:約17cm
L:約18cm
手首の太さ目安S:約14~17cm
M:約17~19cm
L:約18~21cm

 

  

パワーグリップのおすすめ⑤:ALL OUT パワーグリップ

 

 

  

こちらもコスパに優れたパワーグリップです。
耐荷重370Kgを謳っているので強度も申し分なし。
低価格帯のパワーグリップではこちらもおすすめです。

 

価格\2,980前後
素材ラバー製
ベロの長さ公式情報無し
やや長めとのこと
手首の太さ目安S:約15~16.5cm
M/L:約16.6~20cm

  

  

まとめ:パワーグリップは追い込みに効果抜群なので超おすすめ!

  

基本的におすすめのパワーグリップを使えば問題ないです。

ジムなどでよく見かけるのはゴールドジム、Versa、king2ringあたりでしょうか。

ゴールドジムとVersaはほぼ同じような製品で、他とは質感がワンランク上な感じです。

 

いずれにせよパワーグリップは必須級の超おすすめアイテムです。

 

筆者はジムに行き初めてから半年くらいはパワーグリップ無しでやってましたが、いざ使ってみると今まで使わなかったことを後悔するくらい効果的でした。

ぶっちゃけこれだけでバーベルの重さ10kg以上余裕で変わります。

その分背中にダイレクトに刺激を入れられるので使ってない人は絶対に使った方がいいです。

有る無しでこれだけ効果を実感できる筋トレグッズは多分他に無いです。

 

パワーグリップでより効果的な背中トレは以下の記事で↓

筋トレ関連
スポンサーリンク
シェアする
NOMANをフォローする
のーめんブログ