U-NEXTをテレビ画面で見る方法を解説【オススメは2つ】

U-NEXT

U-NEXTをテレビで見る方法が知りたい

  

どの方法がおすすめなのか知りたい

  

各デバイスの対応動画配信サービスが知りたい

 

この記事ではU-NEXTをテレビ画面で快適に見るためのデバイスや方法を解説しています。

 

結論:Fire TV Stick」か「Chromecast」が最もオススメ!

 

まず前提として、U-NEXTをテレビに出力する主な方法は以下となっています。

 

Amazon Fire TV Stickシリーズ
Chromecastシリーズ
PS4
ブルーレイレコーダー
Apple TV
U-NEXT TV
PC(HDMIケーブルでTVに繋ぐ)

※機種の詳細はコチラ

  

これらの中からオススメの方法を解説します。

U-NEXT公式サイトはコチラ

      

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

U-NEXTをテレビで見る方法は基本2択でOK【コスパ最高】

 

U-NEXTをテレビで見るために何か機器を買うなら、以下の2種から選んでOKです。

  

Amazon Fire TV Stickシリーズ

Chromecastシリーズ

  

全体的にコスパが良く、YoutubeやHuluを始めとした他の動画サービスの対応数もかなり多いです。

本体サイズも小さいので、旅先などへ持ち運びも出来る等、基本的にメリットが大きいです。

 

Amazon Fire TV Stickシリーズ【最もオススメ】

引用:Amazon

 

U-NEXTをテレビ画面で見るのに最も手軽な方法がFire TV Stickです。

 

Amazonのメディアストリーミング端末でコスパが良く、またほとんどの動画配信サービスにも対応しているので最もおすすめです。

テレビのHDMI端子に接続し、Wi-Fiに繋げばすぐに利用可能です。

Fire TV Stickには以下の3種類があります。

 

Fire TV Stick【オススメ度★★★】

Fire TV Stick 4K【オススメ度★★★★

Fire TV Cube【オススメ度★★】

 

下に行く程値段も高く、高性能になります。

  

  

この中で最もオススメなのはFire TV Stick 4Kです。

 

4K高画質に対応しているという点もありますが、動作が滑らかで快適という点が大きいです。

Youtubeや他の動画配信サービスの利用もする場合はこちらが良いでしょう。

とにかく価格を安く抑えたい場合は通常のFire TV Stickでも大丈夫です。

Cubeは本体にAlexaが内蔵されているので、ハンズフリーで音声操作することが可能です。
※リモコンも付属しています。

とは言え価格は高いので音声操作にこだわる人以外は上二つで良いと思います。

 

デメリットとして、Cube以外は有線での接続に別売りの機器が必要です。

ただWi-Fiがあれば使用には特に問題ないです。

  

 

 

  

Chromecastシリーズ【こちらもオススメ】

引用:Amazon

 

GoogleのChromecastも同様にお勧めです。

 

Chromecastには以下の2種類があります。

 

Chromecast【オススメ度★★★】

Chromecast Ultra【オススメ度★★】

 

同じくメディアストリーミング端末で、テレビのHDMI端子に接続して使用します。

こちらはリモコンではなく、スマホにアプリをインストールしての操作になります。

Fire TV Stickの方がお手軽ですが、この辺はぶっちゃけ好みです。

動画配信サービスの対応数はFire TV Stickの方が少し多いですが、主要なものは一通り見られます。

 

ミラーリング機能がFire TV Stickより優秀なので、スマホやタブレットの画面をテレビに出力してゲームをしたい場合などは重宝します

    

FireTVStickでもミラーリング機能はありますが、iPhoneだと有料アプリの購入が必要です。

  

  

  

Ultraの方が上位版で、利点は4K画質と有線での接続に対応している点です。

価格は少し高くなりますが、高画質を求める場合はUltraが良いでしょう。

ただし価格差が結構あるので、コスパを求めるなら通常のChromecastで良いと思います。

  

 

 

  

補足①:Apple TVはどうなの?【Appleユーザーなら有り】

引用:Apple

 

Appleのメディアストリーミング端末「Apple TV」はAirPlayを使用したApple製品とのリンクが便利ですが。

 

最大の難点は、価格が上二つと比べるとかなり高いことです。

 

ただAirPlayは簡単操作で便利ですし、見た目がスタイリッシュで動作も軽いため、特にAppleユーザーの人にはオススメ出来ます。

  

【AirPlayとは】

AirPlay(エア・プレイ)とは、iPod/iPad/iPhone/PCのiTunesから、Wi-Fi経由でオーディオ機器やテレビなどに、音楽/写真/動画を出力する機能のことです。

 

 

 

見逃し配信バナー

タイミングが合うならスマートTVかPS4も有り【価格高め】

 

U-NEXTを見る方法として、次の二つもタイミングによってはオススメできます。

   

PS4【オススメ度★★】

スマートTV(ネット対応TV)【オススメ度★★】

  

これらは商品自体が高価なので、U-NEXTを見る為だけに買うと割高です。

 

ただテレビやPS4を買うタイミングであれば、むしろついでにU-NEXTを始め他のサービスも利用できて一石二鳥なのでこちらを選びましょう。

  

PS4【ゲームをする人には一番オススメ】

 

2020年6月現在、対応しているゲーム機はPS4のみです。

 

U-NEXT以外の動画配信サービスにも対応していますが、前述の端末に比べると数は少なくなります。

当然ですがゲームも出来るので機能的には一番良いかもです。

  

【PS4のメリット】

ゲームが出来る
有線接続可能

【PS4のデメリット】

持ち運びが出来ない
U-NEXTをテレビで見るためだけに購入するには高価
動画配信サービスの対応数は少な目

   

 

 

スマートTV(ネット対応TV)【テレビだけで完結出来る】

 

スマートTV(ネット対応TV)であれば、テレビのみで他の動画配信サービスも利用可能なのでオススメです。

 

結局テレビでU-NEXTを見るならテレビそのものに機能が付いていた方が便利です。
各デバイスの配線なども無いのでシンプルです。

ただしU-NEXTのためだけに買うには高すぎるので、あくまで新しく買うタイミングに合うなら。

   

【スマートTVのメリット】

テレビのみで完結するので余計な配線が無い
リモコンが増えない

 

【スマートTVのデメリット】

持ち運びは出来ない
U-NEXTだけが目的なら高過ぎる
機種によって対応サービスが微妙に異なる

   

 

  

補足②:ブルーレイレコーダーはどうなの?【買い替え時なら】

引用:U-NEXT

 

上記のスマートTVと同様、これから買おうとしているタイミングであれば、対応しているレコーダーを買うのは有りです。

さすがにU-NEXTを見るためにブルーレイレコーダーを買うというのは割に合わないので、

  

「丁度ブルーレイレコーダーを買おうと思っていた」

  

という場合は検討してもいいでしょう。

 

補足③:「U-NEXT TV」とは【U-NEXTのみの使用なら快適】

引用:U-NEXT

 

「U-NEXT TV」はU-NEXTが独自で販売している専用のデバイスです。

有線LANが繋げたり、カラオケサービスやSMART USENにも対応しているため一応のメリットはあるのですが、他の動画配信サービスがほぼ視聴出来ないため、正直コスパは良くないです。
※Youtubeだけは見れます。

U-NEXTとその周辺のサービスをとことん楽しみたい人にはオススメですが、基本的には他の機器で良いです。

   

U-NEXTをテレビで見る時は自分に合った方法で【一覧表】

 

 

上記のおすすめと、対応中の主な動画配信サービスを一覧でまとめます。

  


デバイスFire TV
Stick/4k/Cube
Chrome
cast/Ultra
AppleTV HD/4kPS4スマートTV
 

料金

■Stick
¥4,980

■4K
¥6,980

■Cube
¥14,980

■通常版
¥5,072

■Ultra
¥9,900

 

■HD [32GB] ¥15,800

■4k [32GB] ¥19,800

■4k [64GB] ¥21,800

¥29,980~¥70,000~
有線接続■Stick/Cube
 △※別売
■Cube〇
■通常×
■Ultra〇
操作音声/リモコン/スマホスマホリモコン
/スマホ
リモコンリモコン
/スマホ
メリット


■Stick
・価格が安い
・持ち運び可能

■4K
・4k対応
・動作が滑らか
・持ち運び可能

■Cube
・4k対応
・ハンズフリー操作
・有線接続可

■通常版
・価格が安い
・持ち運び可能
・ミラーリング

■Ultra
・4k対応
・持ち運び可能
・有線LAN接続可
・ミラーリング
■HD
・Airplayが便利
・見た目が良い

■4k
・4k対応
・Airplayが便利
・見た目が良い
・ゲームが出来る
・有線接続可能

・余計な配線が無い
・テレビだけでOK

デメリット■Stick/4k
・Wi-Fiが必須

■Cube
・価格が高め
・Wi-Fiが必須
・Wi-Fiが必須・価格が高い・価格が高い
・他社対応
 サービス
 は少な目
・価格が高い
お勧め度■Stick
★★★

■4k
★★★★

■Cube
★★
■通常版★★★

■Ultra
★★


※Appleユーザー
は★★

★★★★
Youtube機種による
U-NEXT機種による
Hulu機種による
dTV×機種による
Prime
 Video
機種による
Netflix機種による
DAZN機種による
Paravi機種による
AbemaTV×機種による
FOD×機種による
バンダイ
チャンネル
×機種による
TVer×
※ミラーリング可
×
※AirPlay可
×機種による
DMM.com×
※AirPlay可
機種による
ニコニコ動画×
※ミラーリング可
×
※生放送のみ可
機種による
TSUTAYA TV×
※AirPlay可
×機種による
dアニメ×
※AirPlay可
×
※for Prime Videoなら可
機種による
スカパーオンデマンド×
※AirPlay可
×機種による
ビデオパス×機種による
GYAO!×機種による
ビデオマーケット×機種による
ディズニープラス×機種による
Twitch機種による

       

前述の通り、基本的にU-NEXTをテレビで見る方法としては

 

FireTVStickシリーズ

Chromecastシリーズ

 

基本この2種類から選んでOKです。

 

購入のタイミングによってはPS4、スマートテレビ、ブルーレイレコーダーあたりも選択肢に入ります。

またAppleユーザーであれば、AirPlayが便利なAppleTVもお勧めできます。

 

登録前にテレビ視聴のやり方を知りたい人も、既に入会済みの人も、自分に合うものを選んでU-NEXTを快適に視聴しましょう!

  

   

U-NEXTの詳細な特徴は以下の記事で解説しています↓