【期間限定】Amazonプライムで『シン・エヴァ劇場版』見放題配信中!

『Fate/Grand Carnival 2nd Season』の感想と見所|Netflix・U-NEXT・dアニメストアなどで見れる?

アニメ

この記事はOVA 『Fate/Grand Carnival 2nd Season』(グラカニ2)の感想と見所について解説しています。

また視聴方法についても記載。

   

結論:1stに続きFGOファンなら買い!動画配信サービスでの視聴は現状不可

   

『Fate/Grand Carnival』(フェイト/グランドカーニバル=通称グラカニ)とは携帯用アプリゲーム『Fate/Grand Order(FGO)』を題材としたOVA作品です。

ゲームのキャラが多数登場するお祭り作品で、基本はギャグ中心の短編が数本入っている構成です。

基本的にはゲームのユーザー向けですが、キャラや背景ストーリーがある程度分かっていれば楽しむことが出来ます。

また2021年6月に1st Seasonが、2021年10月に2nd Seasonが発売されています。

ストーリーは全て短編なので1stと2ndに話の繋がりは無く、どこから視聴してもOKです。

   

■Blu-ray

   

■DVD

    

スポンサーリンク

『Fate/Grand Carnival 2nd Season 』の感想と見所【登場キャラ・サーヴァントは?】    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

  

『Fate/Grand Carnival 2nd Season』の感想や見所について簡単に解説します。

極力ネタバレはしないように記載していますので、購入を迷っている人は参考にしてみてください。

   

【基本情報】

Fate/Grand Carnival 2nd Season

☑発売日:2021年10月13日

☑価格:
・Blu-ray:¥6,800+税
・DVD:¥5,800+税

☑主題歌
・OP『すーぱー☆あふぇくしょん』
・ED『Wonderful Carnival』

   

1st Seasonの感想は下記で↓

   

OP/ED【すーぱー☆あふぇくしょん】

    

  

OPについてはグラカニ1stと特に変更なし。

現在FGOには300体以上サーヴァントがいるので全員登場とはいかないのが残念だが、それなりの人数が登場している。

自分の推しが映っているから確かめながら見るのがおすすめ。

   

【『すーぱー☆あふぇくしょん』歌】

☑マシュ・キリエライト(高橋李依)
☑ニトクリス(田中美海)
☑エリザベート・バートリー(大久保瑠美)
☑酒呑童子(悠木碧)
☑茨木童子(東山奈央)
☑女王メイヴ(佐倉綾音)
☑アタランテ(早見沙織)
☑謎のヒロインX(川澄綾子)
☑イシュタル(植田佳奈)
☑ネロ・クラウディウス(丹下桜)
☑シトナイ(門脇舞以)

    

お祭り感があり、シリアスさを微塵も感じさせない(誉め言葉)良OP。

歌も映像も聴いているうちに何度も見たくなるクセがあり、このノリがきつい人にはこの先もお勧めできない。

同人ノリでずっと本編も続いていくので、アンソロジー的な作品を楽しめる人向け。

EDは1枚絵が1stの時から変更されており、2ndに登場したサーヴァントが中心となって描かれているので早送りせず必見。

    

エピソード①:ザ・ドキュメンタリー 拡がる英霊格差~英霊労働基準法~ 

    

プロジェ〇トX的なドキュメンタリー。

   

赤兎馬ガチ勢のぐだ子(女主人公=藤丸立夏)が特定のサーヴァントばかりにリソースを割くので、出番のない待機組がストを起こして待遇改善を訴える。

    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

    

出番が無く暇を持て余す黒ひげや風魔小太郎ら、出番があり過ぎて過労死寸前の孔明やマーリンなどそれぞれの側面から不満をぶちまけていく内容となっている。

暇すぎてパチンコに興じるレジライ、金林檎をかじる孔明、赤兎馬への贔屓をマシュに咎められた時のぐだ子など、かなりメタ要素多め。

    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

    

またストライキシーンで登場キャラは多いものの、ちゃんと台詞があるのは一部のサーヴァントだけとなっておりメインエピソードとしては少し物足りないかも。

多分好き嫌い分かれる内容だと思われるが、個人的にはぐだ子とナレーションのオルトリンデの声がめちゃくちゃ可愛いのでそれだけで見る価値あり

    

主な登場サーヴァント

☑エドワード・ティーチ(黒ひげ)
☑諸葛孔明(エルメロイ二世)
☑マーリン
☑風魔小太郎
☑ジェロニモ
☑ギルガメッシュ(幼)
☑アーラシュ
☑ジル・ド・レェ
☑レジスタンスのライダー

    

エピソード②:巌窟王


エドモンがひたすら高笑いを挙げているだけて特に内容は無い。

     

主な登場サーヴァント

☑巌窟王エドモン・ダンテス
☑ギルガメッシュ

    

エピソード③:笑うバーテンダー

     

新宿のアーチャーこと『ジェームズ=モリアーティ』による『笑うセールスマン』パロディ第2弾。

バベッジがモリアーティの計らいにより人間型になってフランの後見人に相応しい姿となるが…という内容。

前作のあまりにも強烈な絵面のランロットと比べるとインパクトは弱め。

   

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

    

登場は一瞬だがフランがとにかく可愛い。

   

主な登場サーヴァント

☑ジェームズ・モリアーティ
☑チャールズ・バベッジ
☑フランケンシュタイン

     

エピソード④:絆MAXチャンネル

    

マスターが最近冷たいと感じたエレシュキガルは、気を引くためにドゥムジのアドバイスで人気動画配信者となるべく活動する。

   

先輩配信者のおっきー(刑部姫)と醜い争いを繰り広げていくという内容。

再生回数を伸ばすためにアキレウスにアマゾネスドットコムを送り込んだり(ヤバい)、婦長(ナイチンゲール)の前に患者を転がす(ヤバい)など、いかにもな動画を製作していくのが面白い。

     

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

       

危機感を感じたおっきーは水着への着替えを試みるも、運営に垢BANされるなど微妙にリアル。

個人的にはぐだ子から「エレ」と呼ばれている点にエモみを感じる。

今作の目玉エピソードだけあって安定して楽しめる内容。

    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

   
    

主な登場サーヴァント

☑エレシュキガル
☑刑部姫
☑刑部姫(水着)
☑ドゥムジ

    

エピソード④:護法少女鬼球阿  

   

今回も健在の嘘予告。

酒吞と茨木が可愛いのと、嘘予告の割にかなり作りこまれており普通に本編でやれという内容。

    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

    

2部サーヴァントはほとんど登場しないが、キャストリアがしっかり登場して台詞まである

金時や頼光など関連キャラを出して欲しかったところ。

あと今回も酒吞の「あんじょうよろしゅう」がエロい。

    

主な登場サーヴァント

☑酒吞童子(術)
☑水着茨木
☑アルトリアキャスター

       

次回予告【タイガー道場】    

    
前作同様ジャガーマンとシトナイ(実質藤村とイリヤ)による予告『タイガー道場』。

一旦製作はここまでなので次回がどんな内容になるかなどには触れていない。

    

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

    

ただし次作がありそうな雰囲気をそこかしこで醸し出しているので、また何年か後にFGOが健在なら続編の製作はありそう。

    

主な登場サーヴァント

☑ジャガーマン
☑シトナイ

    

『Fate/Grand Carnival 2nd Season 』の視聴方法【動画配信サービスでの配信は?】

引用:『Fate/Grand CarnivalⓒTYPE-MOON・アニプレックス

   

『Fate/Grand Carnival』は現在動画配サービスでの見放題配信、有料レンタル共にありません。

    

視聴するにはBlu-rayかDVDを購入する必要があります。

    

同じくTYPE-MOON作品を題材とした前身作品にもあたる『カーニバル・ファンタズム』も見放題配信は無いため今後の配信もあまり期待しない方が良いでしょう。

また『Fate/Grand Carnival』シリーズは一応本作2nd Seasonで一旦終了のようです。

ただ割と各エピソードが「続く」と演出されているので、また何かしらの節目で製作される可能性は高そうです。

2部関連キャラはほぼほぼ未登場なので、2部完結後あたりにまた製作されそうな予感がします。

FGOプレイヤー、特にイベント関連の雰囲気が好きな人は見て損の無い内容にはなっているので、1st2nd共に押さえておくといいでしょう。  

    

■Blu-ray

   

■DVD

    

■前作『カーニバル・ファンタズム』はコチラ↓

※ストーリーの繋がりはありません